エレキギターの初心者が上達するための練習の方法や基礎知識を紹介しています。

ギターポリッシュの使い方

ギターポリッシュの使い方

日頃のギターのメンテナンスは非常に大事です。

ギターに限らず楽器には、日頃のメンテナンスが非常に大事で、
ただギターを弾いたら弾きっぱなしでは、ギターがダメになってしまいます。

そんな悲しいことになる前に、自宅で簡単にできる、ギターメンテナンス基礎として、
ギターポリッシュの使い方をご紹介します。

ギターメンテナンスに必要なもの

・各パーツをメンテナンスするための専用ギターポリッシュ(下記参照)

・クロス・・・各ギターポリッシュごとに各クロスを用意しましょう。

さらに、ギターポリッシュ使用後の仕上げの空拭きようがあるとベストなので、
各ギターポリッシュごとに2枚ずつ用意しましょう。

指板をメンテナンスするギターポリッシュと使い方

楽器専用のクロスにレモンオイまたはオレンジオイルを含ませて、
ネックの汚れをふきとります。

手垢などで最も汚れやすい個所なのでこまめに拭きとりましょう。


また、レモンオイルはギターの大敵であるネックの乾燥を防ぐ働きもあるので、
ギターポリッシュのなかでも大事なアイテムです。

ボディをメンテナンスするギターポリッシュ

どこのメーカーのギターポリッシュでも構いませんが、「ラッカー塗装OK」の
ポリッシュのほうが、塗装を傷める心配がないのでおすすめです。

使い方は製品によっていろいろですが、ギターに少量吹き付けて
ギタークロスで拭きとるやり方が一般的。
ポリッシュのラベルに使い方が書いてあるので、きちんと読んでから使いましょう。

ボディ用のギターポリッシュは汚れが取れるだけでなく、表面に皮膜を作るため
汚れが付きにくくなるというメリットがあるので、こまめに使用しましょう。

弦をメンテナンスするギターポリッシュ

ギターを弾くと汗や手あかが弦にこびりついて汚れます。

これを放置してしまうと弦が錆びやすくなるので、ギターを弾いた後は
必ずギター弦潤滑剤などのギターポリッシュで拭きあげます。


その方法はスプレータイプのギター弦潤滑剤であれば、弦の上に軽くふきかけて、
専用クロスで拭きとるやり方が一般的です。

ギターポリッシュのなかでもギター弦潤滑剤は最も重要で、
こまめに使ってギター弦をメンテナンスしていくと、ギター弦の寿命が圧倒的に延びます。

フレットや金属パーツをメンテナンスするギターポリッシュ

ギターの金属パーツやフレットは金属で出来ていて、放って置いて空気に触れるだけでも
勝手に酸化して、色がくすんだり緑青が浮いてきたりします。

ギターの音質にも関わることもあるので、ギターを弾いたら毎回ケアしていきましょう。


フレットや金属パーツは金属パーツ用のギターポリッシュか、金属パーツ用の
専用クロスで拭いて行くのですが、フレットなどは手垢や汗が付くので、特に念入りに拭きます。

ブリッジ、ピックアップは右手が触れる箇所なので、ここもきちんと拭きましょう。



最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional