エレキギターの初心者が上達するための練習の方法や基礎知識を紹介しています。

ギターチューニング方法【基礎】

ギターチューニング方法【基礎】

Pick UP ⇒ ギター初心者におすすめの『エレキギター上達教材』はコチラ!




ギターのチューニングは非常に大事です。'


毎回ギターを弾くたびに、必ずチューニングを正確に合わせてから

弾かなくてはなりませんし、相当な上級者ではない限り、自分の音感に

頼ったチューニングはやめましょう。


そんなチューニング、全然あってないですよ。


正しいギターのチューニング方法

ギターの弦は6弦(一番太い弦)から順に
E(ミ)→A(ラ)→D(レ)→G(ソ)→B(シ)→E(ミ)という音になっています。

この音に出来るだけ正確に合わせられるようにチューニングしていきましょう。

ギターチューニング方法

ギターチューニング方法には、何パターンかあります。

ギターチューニング方法は、音叉(おんさ)を使ってチューニングする方法と、
チューナーを使ってチューニングする方法があります。


アコースティック・ギターの場合、チューナーを使うなら、

マイクで音を拾わなくてはならないのでチューナーの他に、

チューナー用のマイク(グリップ式のサウンドホールに挟むタイプが一般的)

を用意するか、少し値がはりますが、チューナーとマイクが一体化
しているチューナーで、ギターのヘッドに挟むチューナーもありますが、

どれを使うかは個人の好みでよいです。

まあ、初心者だったら初めからあまりお金を使わないほうが良いとは思います。


音叉を使ったギターチューニング方法

まずは5弦から合わせます。

音叉の二股になっている部分をを自分の膝や、堅い机などに軽くぶつけます。

その時出る音が5弦の開放弦A(ラ)の音です。


この5弦を基準に以下の順で他の弦を合わせていきます。

4弦(5弦5フレットと4弦の開放)
3弦(4弦5フレットと3弦の開放)
2弦(3弦4フレットと2弦の開放)
1弦(2弦の5フレットと1弦の開放)
6弦(弦の5フレットと6弦の開放)


チューナーを使ったギターチューニング方法

これが一番簡単なギターチューニング方法ですね。


まず、チューナーとギターをシールドでつなげましょう。


そのあとで、ギター各弦の開放弦(何も押さえない状態で弦を鳴らす)

を6弦から1弦の順に鳴らし、チューナーの針が真ん中で止まるように

チューニングします。


一度チューニングができたらさらに2.3回繰り返しチューニングをし、
少しのズレもないようにギターチューニングすることが大事です。


ハーモニックスギターチューニング方法

そこそこギターが上手くなってきたら、
ハーモニックス・チューニングができると便利です。


しかしハーモニックスでのギターチューニング方法はギター上級者向けなので、

初心者にはおススメできない・・・というより、ギターがそこそこ弾けないと

できない、ギターチューニング方法です。


やり方はシンプルですが、5フレットまたは7、12フレット上の
弦に指を軽く触れて弾くと同時に離して音を出す、これがハーモニックスです。


いやはや、これが初心者には難しくてできません。

できるようになるとギターチューニングが楽にでき、非常に便利なので、
ゆくゆくはチャレンジするとよいかもしれません。


ステージ上でハーモニックスチューニングすると、ちょっとカッコイイです。


エレキギター上達のおすすめ教材はこちら!

おすすめ!


さあ、あなたも短期間でエレキギターが弾けるようになりませんか?

『最短距離でエレキギターを上達する方法』オフィシャルサイトはこちら



最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional