エレキギターの初心者が上達するための練習の方法や基礎知識を紹介しています。

ギターシールドの選び方

ギターシールドの選び方

ギターシールドとは、ギターとアンプをつなぐ時のケーブルのことをいいます。

ギターシールドとも、ギターケーブルともいいます。
(エフェクターとエフェクターの間に繋ぐ短いケーブルはパッチケーブルといいます。
長さが短いだけで中身はギターシールドと同じです。)


ギターシールドは、様々な長さ、値段、素材がありますが、
「たかがケーブル。なんだっていい」なんて思っていては大間違いです。

様々な種類があるギターシールドはそれぞれ構造や素材が異なるため、
ギターの音も大きく影響されます。


ギターシールドは値段などで適当な選び方をしてはいけないのです。

ギターシールドは値段もピン切りで、ものすごく高いものもありますが、
高いシールドはそれなりに良い音が出るのです。


しかし、そのような音の違いはギター中級者以上にならないとわからないのかもしれません。

では、ギター初心者さんが初めてギターシールドを買う時に、
どのようなものを選んだら良いのか、ギターシールド選び方を簡単に紹介します。

ギターシールドの値段

よく、ギターやギター初心者入門セットを買ったときにおまけで
シールドが付いてくると思いますが、無名のものや1000円以下の安価なものは
非常に断線しやすくノイズも拾いやすかったりするので、正直使い物にはなりません。


だからと言って高いギターシールドを買う必要はありません。

しっかりとしたシールドは3mで1500円から3000円ぐらいしますが、
最低でもそのくらいの価格帯のシールドなら丈夫で音も良くノイズも少なく長持ちします。


安価なシールドはほんとにすぐ断線しますので、
ギターシールド選び方は慎重にしましょう。

ギターシールドの長さ

ギターシールドの選び方として、長さで選ぶことも大事です。

ギターシールドの長さは様々売られているので、自分がどこでどのように
ギターを弾くのかを考えて、用途にあった長さのギターケーブルを買います。


スタジオで使うならなら最低でも3mくらいの長さが必要ですし、
自宅での練習では1mあれば良いのではないでしょうか。

自宅での練習用のギターシールドが5mとかあると結構邪魔に感じることがあり、
使用後に巻く際長いと面倒だし重いです。

ギターシールドのプラグ

ギターシールド選び方で注意したいのが、
ギターシールドの先端に付いているプラグの形です。

L字型をしているL型とまっすぐなストレートのS型がありますが、
それぞれに用途がちがいます。


エフェクターとエフェクターの間のパッチケーブルはS/LかL/Lがいいでしょう。

初めて使うギターシールドとしては、S/Sが使いやすいのでおすすめです。


ギター初心者さんのギターシールド選び方のポイントは、
まずは上記にあげた値段と長さでしょうか。

様々な種類があるギターシールドですが、それひとつでエフェクター1つ分くらいの
音の変化が出ることもあるので、ギターシールド選び方は慎重にしていきましょう。



最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional