エレキギターの初心者が上達するための練習の方法や基礎知識を紹介しています。

ギターの弦交換の必要性

ギターの弦交換の必要性

Pick UP ⇒ ギター初心者におすすめの『エレキギター上達教材』はコチラ!




ギターは、ギターを練習すればするほど錆びたり伸びたりしますし、
ギターを弾かないでいても湿気などではどんどん劣化していきます。


さすがにギターが切れてしまったら弾けなくなるので誰でもを張る行動にでますが、
基本的にギターは消耗品です。

あまり錆びすぎたは指が痛くなって弾きづらいし、
ギター本体を傷めてしまうことになるので、ギター弦交換はこまめにやりましょう。


ギター弦交換の時期についてですが、ギターを弾く頻度にもよりますが、
早い人で3日に一度替える人もいます。

ギターをよく人弾く人は一週間に一度、あまり弾かない人でも
最低でも一カ月に一度は替えて、ギターのコンディションをたもっておきましょう。

ギター弦交換の仕方

ギター初心者の方はこちらを参考にして、自分でギター弦交換ができるようにしましょう。


1.
まず古いギター本体から外すために、ペグを回してをゆるめましょう。

の張り替えは1本ずつやると最後の方になるとテンションがかかってしまい
ネックに負担がかかってしまうので、いったん1弦から6弦までを
一気にある程度緩めてしまいましょう。

また、を緩めるときは6弦からではなく、細い方のの1弦から順に6弦に向かって
緩めていった方が、ギターに負担がかかりにくいです


2.
6本のを緩めたら、ストリングカッターでを切ります。

をカットする場所は端できるとやはりネックにかかる力が均一にならず、
ネックの負担になるので、真ん中の位置でカットすることが大事です。

これも1弦から順に6弦に向かって切っていきましょう。


3.
古いをすべて外したら、指板の部分を専用クリーナーとクロスを使って
きれいに汚れをふき取りましょう。

ネック部分は結構ほこりや手垢が付いているので念入りに拭きましょう。


4.
ネックがきれいになったら新しいのセットを用意して、
今度は6弦(太い弦)から順に張っていきます

ペグに巻きつけるときは、一度ピンと張った状態に手で引っ張り、
ワインダーを使って2~3回巻きます。


の張り具合を確認しながら少しずつ巻いて行くのですが、

ワインダーの回しすぎには注意しましょう。

ここで回しすぎてしまうとが切れてしまいます。
すべて張り終わったらチューナーにてチューニングしましょう。


こででギター弦交換は終了です。

お疲れ様でした。


エレキギター上達のおすすめ教材はこちら!

おすすめ!


さあ、あなたも短期間でエレキギターが弾けるようになりませんか?

『最短距離でエレキギターを上達する方法』オフィシャルサイトはこちら



最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional