エレキギターの初心者が上達するための練習の方法や基礎知識を紹介しています。

ギター ピック について~基礎編!

ギターのピックについて【基礎編】

Pick UP ⇒ ギター初心者におすすめの『エレキギター上達教材』はコチラ!



初心者ギタリストの皆さん、自分のこだわりのギターピックを選んでいますか?


楽器店に行くとギター小物のコーナーに、形や材質の違うギターピック
たくさんあると思います。


ギターピックはそれぞれ材質、形、厚さがちがい、用途も違います。

ギターピックの違いにはすべて意味があるのです。


最近ではギターピックにも様々な種類があります。

  • 早弾き用のギターピック
  • 初心者ピッキング練習用のギターピック
  • 削られないギターピック
  • 滑らないギターピック

このように様々なギターピックを楽器メーカーが試行錯誤して新しいギターピック
開発しては廃盤になったりしてます。


でもギター初心者さんなら、初めからあまりレアなギターピックを使わずに、
標準なものを使用してくださいね。


標準的なギターピック形

ティアドロップ形、おにぎり形、ジャズ形、三角(主にベース用)など

標準的なギターピックの素材

プラスティック、セルロイド、デルリン、ナイロン、鼈甲、ポリカーボネート、
ポリ塩化ビニル、ポリアセタールなど

標準的なギターピックの厚み

THIN(シン)約0.5mm
MIDIUM(ミディアム) ・・約0.7mm
HARD(ハード)/HEAVY(ヘヴィー)・・・1mm

ギターピックの選び方

無数に存在するギターピックを初めて選ぶ時は、何から選んだらよいか
わからないでしょう。


とりあえず標準的な形、厚み、材質のものの中から2、3種類を
3枚ずつくらい買ってみましょう。


ピックは小さくてなくしやすいので、一枚ではなく数枚用意しましょう。


あと、ギター初心者はストロークの力のいれ具合が上手くないので、

ギターを引いているとすぐピックが削れてきて角がなくなるので、

やはりギターピックは余分に用意しておこう。


ギターを弾く上で、まずは自分にあったギターピックを見つけることが大切です。


ギター初心者のうちは標準的な形、厚み、材質のギターピックで練習をし、

ある程度ギターが弾けるようになったら、違う形や材質のピックを色々と

試してみましょう。


ピックの違いによって、ギターを弾いたときに得られるサウンド、感触、

持ちやすさなど大きく異なり、人それぞれ感覚が違うので自分に合った、

自分にとって弾きやすいギターピックを見つけて弾くことが大事です。


エレキギター上達のおすすめ教材はこちら!

おすすめ!


さあ、あなたも短期間でエレキギターが弾けるようになりませんか?

『最短距離でエレキギターを上達する方法』オフィシャルサイトはこちら



最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional