エレキギターの初心者が上達するための練習の方法や基礎知識を紹介しています。

エレキギターコード表の基本的な見方とは!

エレキギターコード表の基本的な見方

Pick UP ⇒ ギター初心者におすすめの『エレキギター上達教材』はコチラ!




エレキギターコードには、ローコードハイコードパワーコードなどの押さえ方
があります。

エレキギターコード表を見たときに、例えば同じ「C」のコードでも、違うフレットで
3パターンくらい載っていたりするのを見たことがあるのではないでしょうか?


同じ「C」でもローコードハイコードパワーコードで何通りか押さえ方があるのです。


ではエレキギターコード表の中で、一体どれを覚えたらよいのでしょうか?


それはすべてのパターンを知る必要があります。


基本となっているローコード(オープンコード)のポジションは最重要であり、

ローコードパワーコードができないとバンドなどで曲が弾けるようになりません。

(まあパワーコードはものすごく簡単なので、特に練習する必要はないでしょう。)


エレキギターコード表に載っているコードは基本なので、早めに全部覚えてしまうと、
あっというまにギターが弾けるようになりますよ。


エレキギターコード表の見方

エレキギターコード表は、基本的に、左手の指で押さえる用に書かれています。
(これはエレキギターに関わらすギターコード表見方は共通ですが・・・。)


ギターを平らに置いて真上からから見たように記載されており、
6本の線が書かれているものは上から順番に1弦~6弦となっています。


これは実際にギターを持って弾く時と逆になるので、見慣れるまでは大変です。


そしてエレキギターコード表の縦線はフレットのことで、左から1フレット、
2フレットと表記されています。

それぞれ指を置くフレットに黒い点でマークされていますのでその通りに
押さえてください。


エレキギターコード表を見てみると、たまにフレットの上に点ではなく

点がつながって太い線になっている個所は、人差指でマークの付いている弦を

全部押さえましょうという幕です。


「F」とか「B」などに出てきますね。

またエレキギターコード表で「C」を見てみると、の6弦の左側に「×」印が付いています。

これはミュートといって、音がならないようにしてくださいという意味です。


親指で6弦を軽く押さえて、音がえないようにしながら「C」を押さえます。

これだけ知っておればエレキギターコード表の見方はもうOKですね。


あとはコード表を見ながら、正しい指番号で実際に弾いていきましょう。


エレキギター上達のおすすめ教材はこちら!

おすすめ!


さあ、あなたも短期間でエレキギターが弾けるようになりませんか?

『最短距離でエレキギターを上達する方法』オフィシャルサイトはこちら



最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional